今日の名古屋は台風のかすかな影響か曇が多いですが、時々はれ 湿度高めで蒸し暑いです今朝は、呼吸法をしていると大気の中に甘い香りがまざっていました。キンモクセイの咲く時期になってきました。

気功師になっての変化に匂いに敏感になったことがあります。 呼吸法をしていると、えも言われぬ素晴らしい香りがすることがあります。 花など近くにもなく原因は不明です。また、治療時も実はいろいろ臭いを感じている場合もあります。 食道や胃腸の病気はよく感じます。

気功での、がん治療ですね 最近感じていることは、やはり回数が必要なのだという事 がんの進行度合いにもよりますが、マーカーを下げ安定的な状況からがんを押さえ込んでいくには、回数が勝負のように思います。

抗がん剤など病院治療と併用なら週1~2くらいでしょうか 急性期、また末期などは毎日施術が必要 遠隔治療と混ぜながらでも、最低週3回は必要と思います。 命を買う覚悟が必要です。

気功治療は健康保険の対象ではありませんから、実費がかかります。 どうしても時間と費用の問題があります。 たたでさえ闘病生活で経済的にも厳しいのに更にです。 できるだけ費用を抑えてやりたいが、ボクとてボランティアというわけにもいかないのです。本当に申し訳なく思います。

抗がん剤など散々使っていると、基本的な体力が落ちてしまっています。 まず体力の底上げ、ついで白血球のリンパ球の活性を持ち上げ、がん細胞にぶつけ、遺伝子の修復も図るとなると週1回程度では無理のような気がします。

気功師のボクがこう言うと宣伝に聞こえますね。そう受け取れるのは自然とは思いますが、僕はまだ、なんとかなりそうな方が医学の常識観点で、命をあきらめるのがとても残念に思うのです。 とはいえ、腕は2本。多くの方の治療は無理です。この呼びかけに反応してくれた、ご縁のあった方という事になるのでしょう

ただ、週3回の威力は素晴らしい。 かなり押し込められた状態からでも、挽回した経験があります。 しかし必ず治るとはお約束できません。 時期を逸してしまうと、もうどにも立ち上がらないのです。この時期には個人差があります。また、"気"の反応の具合も個人差があるようですが、ボクが触って暖かい熱いと感じた人は概ね良いと思いますが、成功しなかった例もあります。

まだ、体がピンピンしてどこが病気?という方で、もう手がなく緩和ケアなどを病院で紹介された方 起死回生のぎりぎり勝負のつもりで、気功治療をやってみても良いかもしれません

回数が必要 。ボクは、9回裏ツーアウト逆転治療と呼んでいます。

 

【休診日カレンダー】
×印は休診日です

   2017年6月   
1
×
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
×
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
×
15
×
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
×
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
×
29
×
30
 
   2017年7月   
1
 
2
 
3
 
4
 
5
×
6
×
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
×
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
×
20
×
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
×
28
 
29
 
30
 
31