クリニックのご案内

院長の徒然に

バラの抗酸化作用

美しく、あでやかな香りたかいバラ。
昔からバラにまつわる話は多くあり食用や化粧品には使われていても、薬にもなってきたことは、あまり知られていません。
漢方薬では更年期障害の治療薬、ヨーロッパでは婦人病の改善や乳房の発育不全に使われてきました。

特にバラの花から抽出するバラオイルは、ストレスを和らげ心をリラックスさせカラダの血行をよくして美肌効果があると言われています。
最近このバラのオイル(ローズオイル)の新しい効果が注目されています。

それは口臭や体臭をバラの香りにかえる効果です。
そもそも体臭や口臭は、食べ物のにおい成分が血液に吸収されておこります。
肺でガスになれば口臭に、カラダの汗腺から出れば体臭になるのです。

食用のローズオイルは「シトロネロール」「ゲラニオール」などのバラの香り成分を血液に載せ肺や汗腺に運びます。
そのため全身から、ほのかに品よくバラの香りが漂い口臭や体臭を消し去ります。

香水なども口臭や体臭を消しますが、ニオイが強すぎると逆効果。
その点ローズオイルはカラダの内側から全身にバラの香りが漂いますから、立ち振る舞いによりバラの香りが程よくして天女のよう(大げさですか)。
この内側からの香水は長時間持続します。

ビタミンAやEも含まれ強力な抗酸化作用と共に美肌効果もあり、老化防止にもなるのです。
だだ貴重品なのが問題、お値段が‥です。
しかしカラダの内側から血液を通して匂ってくるのは、普通の香水以上の効果があると思われます。

体臭や口臭のある方は血液の臭い成分が出やすい方。
このローズオイルの効果がもっとも期待できる方でもあるのです。
加齢臭など気になる方にも、よいかもしれませんね。

食用のローズオイル、体臭や口臭が気になる方は試してみるとよいですね。
健康食品などを探すと見つかると思います。

ご相談&施術のご予約は、お電話かメールでどうぞ!
ページトップへ width=

【休診日カレンダー】
×印は休診日です

   2017年6月   
1
×
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
×
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
×
15
×
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
×
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
×
29
×
30
 
   2017年7月   
1
 
2
 
3
 
4
 
5
×
6
×
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
×
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
×
20
×
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
×
28
 
29
 
30
 
31