ノドの狭い人は空気の通が悪いせいで肺に負担が、かかります

喘息気味の人や咽頭のあたりに慢性の炎症を抱える人は肺に注意する必要があります
そういう人が風邪をひいたりすると突然肺炎になったりします

ノドが狭くなる原因として運動不足があります
首の頚椎の筋力が弱ると、開口部が前にせり出てきて気道を狭くするのです
長期間の入院や寝たきりの方は更に物が飲み込めなくなってきます
こういう場合は胸椎の12番あたりを"気"で引っ張り筋力をあげノドを拡げます

余談ですが、友人のボーカリストはノドに"気"を送るとウォーミングアップなしにノドが開き声が出やすいと言います
ステージや発表会の前にノドに"気"を送るとコントロールがしやすく響きもよくなると喜んでくれます
頚椎の飛び出た骨をへこめるくらいですから、声帯の筋力UPはカンタンです

鼻や耳に異常がある人はノドちんこが大きくなりやすいです
首の筋力が落ちて病的に狭くなると、拡げるためノドちんこを切る治療もあります

逆流性食道炎も胃の弁に問題がある場合とノドの狭さに問題がある場合があります
ノドちんこが大きくなるとノドを塞ぎ、ノドが負圧になり胃液が逆流するのです

無呼吸症候群もからんできますから、肺に炎症も出やすくなります
いすれにせよ心あたりのある方は要注意ですね