北陸や北日本は大雪で大変ですが、名古屋は晴れが続きます。 日本海の湿った空気は、アルプスの北陸側で雪を降らせ、太平洋側は乾いた晴天になります。 ご苦労されている方も多いので、本当に有難いです。

お正月休みは、散々TVを観て暮らしました。気になった番組が二つ。 ひとつは今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」 もうひとつは、NHKスペシャル ネクストワールド 私たちの未来第2回 寿命はどこまで延びるのか

まずNHK大河ドラマ「花燃ゆ」から 幕末の松村下塾を開いた吉田松陰の妹 杉文を旬な女優、井上真央さんが一年演じてゆくんですね

どことなく閉塞感のある時代に波紋を投じ起爆剤となり、やがては大きな「うねり」が社会を変えてゆく こういうストーリー大好きなんです。 特に松村下塾に集まった若者は変人が多いです。 長州が密貿易をしていた関係か、次の時代を予感する人が多かったのでしょう。

でもまだ社会は動かない。重い封建的社会が立ちはだかる。常識の罠でしょうか。そのハザマに新しい芽がゆれる感じがよいのです。 欧州列強が日本を、坦々と狙っているが、幕府も民衆もまだ夢の中

そこは、あせらず機を熟すのを待つ、社会がついてくるのを仕掛けるというのがオッサン的なのですが、若者は待てない。 突飛な行動をする。  時には凄惨にもなりますが、その無鉄砲さが心地よいですね。 吉田松陰は、いっちゃってる人ですから、とっぴもとっぴ。

毛利も島津も関が原の敗者。その鬱屈した爆発が社会を変える時は大きな痛みが伴います。 一昨年の「八重の桜」会津側から描いたのも面白かったです。

ドラマ中「学ぶ」というセリフが多く出てきましたが、この時代まだ学べるんですね 誰かが先に、やっててくれるから、学ぶことができる。求めて探して苦難を乗り越え、なんとかたどり着ける。 誰もやったことない道をゆくのは、もがきながらの手探りです。 いいなあ、学べるうちは

などなど、勝手なコトを言いながら今年の大河も楽しめそうです。 そしてもう一つの方は、ちょっと重たいテーマです。 この続きはネットで!  じゃなかった。次回のブログで

愛知県名古屋市中村区豊国通6-23吉田ビル1F AST名古屋西気功クリニック TEL 052-411-2177  お問い合わせはブログを見たと

 http://ast-kikou.com/            1.AST名古屋西気功クリニック=お身体に不安のある方

 http://ast-kikou75824.com/         2.AST名古屋西気功クリニック=首から上の治療に

http://kikou-chiryou.com/           3.こんな症状も治療対象です

http://www.e-kikou.com/index.html   4.もう方法がなくお困りならご相談ください。

 http://kikou-clinic.com/index.html  5.社会不安障害もご相談ください。    

 

【休診日カレンダー】
×印は休診日です

   2017年9月   
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
×
7
×
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
×
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
×
21
×
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
×
29
 
30
 
   2017年10月   
1
 
2
 
3
 
4
×
5
×
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
×
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
×
19
×
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
×
27
 
28
 
29
 
30
 
31