AST気功とは

AST気功は、体の細胞、骨、血管、血液など患部に働きかけて活性化させる"気"のみをを用いた気功治療、代替療法です。手は当てますが押したり揉んだりいたしません。
現代医療、西洋医学と併用をおすすめします。何処がどう改善したかは検査の変化を見たほうがわかりやすいですし、相乗効果も生まれ様々な身体の悩みの改善に役立ちます。難しい病気の改善には何でも利用する、西洋とか東洋とかに、こだわらないという事が併用なのです。
古来から日本生まれのAST気功は気の身体を癒すことにより、健康を取り戻す気の気功治療です。手術が出来ないケースや困難な部位の療法にも役立ちが報告されたています。
日本で生まれたAST気功 その実績は高い評価を頂いております。

なぜ気が体にいいの?

気は誰にでもあります。

最近やっと人体の周りを巡る生体電気が確認されましたが、本来「誰でも人間の体は気が巡っています。いたって健康な体の場合はプラスの気(陽性の気)ですが、悪い部分はマイナスの気(陰性の気)に変わってしまいます。
患部など"気"のめぐりが滞り、その部分はマイナスの気が溜まっているのです。
AST気功はプラスの気です。プラスの気はマイナスの気を引き寄せます。
プラスの気とマイナスの気は結合すると遊離状態となり浮き上がってくるのです。
訓練を重ねたAST気功師は、自らの手からプラスの気出す事ができるのです。

 

AST気功の施術とは

  • プラスの気を送り、マイナスの気を遊離させカラダの表面へと放出させ、手で取り除く。
  • 残りのマイナスの気をプラスの気と中和して消滅させる。

この二つの働きで、マイナスの気をプラスの気に変えてゆきます。
健康を阻害している邪魔者を取り去り、更に活性させる。そうすれば患部が活性され機能を回復する。これが、AST気功の原理です。
遊離状態になったマイナスの気ををゴミ箱に捨てる作業をしますが、驚かないで下さい。

AST気功の気の流れ

AST気功の“気”とはどんなもの?

image01.png

人体の構成の基本は、細胞、血液、骨から成立しています。AST気功の気は 細胞に働きかける気 骨や関節に働きかける気 血液に働きかける気 薬の害・全身に対して働きかける気 神経・精神に働きかける気 神経(自律神経など)に働きかける気 リンパに働きかける気 体の様々な機能に働きかける気(痛み・血流・運動機能・内臓の働き等) 幹細胞に働きかける気(新しい施術法です) このような数十種類の気に分けられます。 例えば、腰に不安がある方には「細胞に働きかける気」、「骨、関節に働きかける気」がAST気功師の手から放出されます。これら数十種類の気を駆使し施術にあたります。

AST気功の「AST」とは

アストカイロの略です。
「アスト」は、「古代より人体に宿主として存在すると言われる気体」の事。
「カイロ」は、ギリシャ語で「手」を指します。
つまり、「AST」とは、「気を自由に操ることのできる技術」といった意味です。